簡単に割らせない!ガラス修理をして防犯対策の強化

防犯効果の高い窓ガラス

窓ガラス

先ほど、窓ガラスからできる防犯対策がいくつかあるということに触れました。では、実際にはどのような対策をすることが可能なのか、防犯効果の高い窓ガラスとはどのようなものなのか紹介していきましょう。

強化ガラス
同じ厚さの一般的なガラスに比べて3倍から5倍ほど強度の高いガラスのこと。つくり方が特殊で、フロートガラスを高温で熱したあとに一気に冷やしてつくります。通常のガラスよりも割れにくく、時間が掛かることを嫌う空き巣犯からは敬遠されるガラスと言えるでしょう。また、割れたときに小さな粒状の破片となるという特徴があり、日常生活においてガラスが割れたことによるケガの心配が少ないというメリットがあります。
網入りガラス
こちらも強化ガラスと同様に、比較的割られにくいガラスであると言えます。ガラスの中に金網が入れられているもので、この金網が邪魔をして簡単には割られないようにしてくれるのです。ただし、通常のガラスよりは割れにくいとはいっても、本来は火災発生時に割れて破片が飛び散ることを防ぐ目的でつくられたガラスです。高い防犯効果があるとは言えませんので、注意しましょう。
防犯ガラス
防犯を目的につくられた、最も防犯効果の高いガラス。2枚のガラスの間に特殊なフィルムを挟んでつくられており、非常に強度が高いです。1枚目のガラスが割れてしまっても、間に挟まれたフィルムによって貫通させることを防ぐので、2枚目まで割ることは困難でしょう。間に入る特殊フィルムの厚みがあるほど貫通させることが難しく、防犯効果も高まります。さらに、防犯ガラスであることを示すラベルを付けておけば、空き巣犯に狙わせないという効果も期待できる優れものです。
TOPボタン