侵入させないことが大切!ガラス修理をして空き巣を諦めさせろ

空き巣が嫌がる防犯対策

空き巣被害に遭わないためには、空き巣から嫌われる侵入しづらい家を目指しましょう。ここでは、空き巣が嫌がるポイントから有効な防犯対策をいくつか紹介していきます。

窓に防犯ガラスを使用する
空き巣の侵入経路として使われることが多い窓は、窓ガラスが割られてしまうと一気に侵入される確率が上がります。この第一段階である「窓ガラスを割ること」さえ防げれば、空き巣は侵入を諦めるでしょう。ガラスを割らせないためには、防犯ガラスに変えてしまうのが一番よい方法であると言えます。特殊なフィルムによってガラスを貫通させないので、侵入を諦めさせることができるでしょう。
窓の鍵を複数付ける
万が一窓ガラスが割られてしまった場合に、鍵がひとつだけであると簡単に侵入されてしまいます。しかし、鍵が複数付いていれば開錠するのに時間が掛かるので、時間が掛かることを避けたがる空き巣が諦める可能性が高いのです。また、2つ目の鍵を付ける際には、なるべく窓の上部に設置するようにしましょう。窓の下部よりも上部の方が手を伸ばしにくく、開錠されにくいです。
窓に格子を付ける
窓ガラスを割る作業自体を邪魔する格子を付けるというのも、防犯効果を高めるのには有効です。ただし、接合面が表に出ているような後付けの格子は、ドライバーなどで簡単に外されてしまうことがあります。もし格子を付けるのであれば、外壁に埋め込むタイプを選び、簡単には外れないようにすることが大切です。また、安心感から格子の付いている窓は戸締りが甘くなる傾向にあります。格子が付いているからと言って安心せずに、しっかりと施錠するようにしましょう。

このように、空き巣の侵入口となりやすい窓は最も防犯に力を入れるべき場所です。ガラス修理をするタイミングで、まずは防犯ガラスに変えることから始めてみるとよいでしょう。

TOPボタン